So-net無料ブログ作成

普天間問題 徳之島3町長は官房長官との会談拒否(産経新聞)

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾(ぎのわん)市)移設問題で、滝野欣弥官房副長官は20日、政府が移設先として検討してきた鹿児島県・徳之島の天城、伊仙、徳之島3町の町長に平野博文官房長官との会談を電話で申し入れたが、3町長はそろって拒否した。政府が正式なルートで協力を要請したのは初めてだが、門前払いされたことで5月末の決着は極めて難しくなった。

 滝野氏は同日午後、3町長に「平野長官が鹿児島市に行くので、その際に18日の反対集会の様子を聞かせてほしい」と要請した。しかし、これまでの政府側の姿勢は不誠実だと感じていた3町長は政府側との話し合いを拒否することで事前に一致しており、この電話でも会談拒否を伝えた。

 これにより徳之島案は暗礁に乗り上げた。地元合意を移設の条件としている米国との徳之島案での合意も絶望的だ。これに関連、北沢俊美防衛相は20日の記者会見で「徳之島でお願いすることになれば、今の状況はなかなか厳しい」と語った。また、参院外交防衛委員会で「交渉が難航し、5月いっぱいで全部片付くかどうか(分からない事態)も想定される」との認識を示した。

【関連記事】
鳩山首相、徳之島との接触「瀧野副長官に聞いて」
防衛相が普天間問題の5月末決着を疑問視
前原国交相、支持率低下は「政権の約束と実行の乖離」
大島自民幹事長「首相の態度は語るに落ちる」
米軍普天間飛行場 移設先、徳之島厳しいと防衛相
児童虐待防止法施行から今年で10年。なぜ、わが子を傷つけるのか…

JAXA 白木理事「誇りに思う」 山崎飛行士帰還で会見(毎日新聞)
新規事業、届け出制に緩和=来年10月に施行−郵政改革法案骨子(時事通信)
<殺人>長男が家族5人刺す 父親と乳児死亡 愛知県豊川市(毎日新聞)
<前長崎市長銃撃>献花台前に冥福祈る…事件から3年(毎日新聞)
野菜高騰 政府、対策に乗り出すも価格安定は5月以降か(毎日新聞)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。